プログラミング勉強中!!

TECH::EXPERT 40期 受講生の筆者がその日学んだことをアウトプットしていくブログです。学習量によっては全て書ききれないこともあります。お気付きのことありましたバシバシコメントください!!3月中旬よりWEBエンジニアとして働くことになりました。日々の業務などについても発信させていただきたいと思います!!よろしくお願いいたします!!

はい、こんばんは。

 

昨日、本日ともに下記のエラーに悩まされておりましたが、無事解決(?)することができました。

 

f:id:g1034725:20181207002038p:plain

 

エラーの原因として考えられたのはsocket問題でした。

 

Can’t connect to local MySQL server through socket

 

config/database.ymlには下記の記述が2箇所にありました。

①socket: /tmp/mysql.sock

②socket: /var/lib/mysql/mysql.sock

 

①のソケットデータを読み込んでから②のソケットデータを読み込むように記述がされているのですが、①のデータしか読み込まない。

 

仮説として立てたのは下記です。

①socketファイルがそもそも作成されていない。

②socketファイルにアクセスできる権限がない。

③socketファイルが誤った場所に生成されている。

 

①に関してはmysqlを作成時に生成されているため、仮説はハズレでした。

 

ならば、一度消してからまた生成すればいけるのでは・・・?

 

ということで、消してから再度生成し、サーバーを再起動・・・結果、unicorn_rails で本番環境は動かず。

 

②アクセス権限があるかどうかを確認

結果、チームメンバーなら誰でもアクセスできる設定だと判明。

 

③socketが誤った場所に生成されているのでは。

①で確認した時と一緒に確認しましたが、違っていました。

 

結果、全滅でした・・・

 

ライフコーチのsさんならびにエラー解決にご協力いただいたY先輩、M先輩、ありがとうございました。

 

結局現在作成中のインスタンスを削除することにしました。

 

再度デプロイのカリキュラムを一からやり直し、もう一度デプロイ・・・

 

f:id:g1034725:20181207002038p:plain

 

出ました。

 

今日は帰宅したくなりましたが、とりあえずプリコンパイルして見ることに。

rails assets:precompile

 

上記を入力するとyarn?をインストールするように勧められましたが、無視して

RAILS_SERVE_STATIC_FILES=1 unicorn_rails -c config/unicorn.rb -E production

 

上記コマンドにて本番環境を起動、すると・・・なんと成功してしまったのです。

f:id:g1034725:20181208002402p:plain

うまくいった要因ははっきりとはわかっていませんが、unicorn_rails での起動の指定がはっきりしていたことにより、うまく起動してくれたのだと思っています。

 

サーバサイドに関してはわかっていないことだらけですので、本を2冊購入して知識を入れることにしました。

 

 

Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus)

Amazon Web Services実践入門 (WEB+DB PRESS plus)

 

 

 

イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

 

 

最終課題と並行して上記を読み、知識をつけていきたいと思います!!!

 

それでは。