プログラミング勉強中!!

TECH::EXPERT 40期 受講生の筆者がその日学んだことをアウトプットしていくブログです。学習量によっては全て書ききれないこともあります。お気付きのことありましたバシバシコメントください!!3月中旬よりWEBエンジニアとして働くことになりました。日々の業務などについても発信させていただきたいと思います!!よろしくお願いいたします!!

アプリ開発に・・・その前に

はい、こんばんは。

 

chat-spaceも残すところ後自動更新機能の実装、デプロイを残すのみとなりました。

 

chat-spaceの作成と並行して、本日よりアプリ開発に取り組みはじめました。

 

さて、早速取り掛かろう・・・・どこから始めるんだっけ?となったので、振り返りがてら、Railsアプリ制作の流れを振り返りたいと思います。

 

Railsを作成する。

rails new アプリケーション名 -オプション名

 

上記コマンドをターミナルにて入力する。

 

今回は下記のようにしたい。

 

rails new _5.2.1_ maaanga(仮) -d mysql

 

maaanga!と言う漫画レビューアプリに取り組みたいと思います。

 

②gemファイルの読み込みのため、bundle installをする。

もしgemを追加した場合は、bundle update(lockされている部分への反映)→bundle installとする。

 

③データベースの作成

rake db:createコマンドにてデーベースの作成をする。その後、rake db:migrateも忘れずに。

 

④ルーティングの設定

config/routes.rbのファイルにルーティングを記載する。

 

最初は get 'hoge' => 'hoge#index'のようにする。

 

⑤コントローラの作成

rails g controller コントローラ名

 

上記のコマンドにしたがって作成する。

 

rails g controller comicsのようにします。

 

⑥controllerにアクションを定義する

                       def index

                       end

⑦ビューファイルの作成

app/viewの下にindex.html.erbのファイルを作成する。

 

人の目に見える部分を作成するのがこの部分になる。

 

全ページに共通して表示させたい画面がある場合はapplicationに記述しておく。(ヘッダー、フッターなどはここにかく)

 

とまあ、こんな感じで進んでいく。

 

本日取り組めたのはここまでです。

 

ビュー画面のコーディングに時間を取られすぎたか・・・・

 

明日は都合があり、教室にいくことはできないが、自動更新機能の実装に5時間、アプリ開発に5時間を割きたいと思っている。

 

※本日の夕礼から振り返りの仕方が変わった。

自分の勉強への取り組みかたを考えるきっかけとなりましたので、改めて良き学びの場であると感じました。

 

明日からの方策は30分学習、10分アウトプットと言う形で設定しても良いかもしれない。

 

明日からも頑張ります!!

 

それでは。